あにまるすまいる結

記事一覧(41)

アニマルレイキの第一印象は・・・?

みなさんは「アニマルレイキ」と聞いて、どんな印象を持ちましたか?私は、初めて「アニマルレイキ」という言葉を聞いた時、「なんかあやしい…」という印象でした。聞き慣れない言葉なので、ネットで調べれば調べるほど、「あやしい…(でも何か気になる・・)」と思ったことを覚えています。でも、人間関係に悩んでいた時、レイキの効果に[精神性の向上]とあるのに気が付いて、自分の精神性が向上すれば、お悩み解決になるんじゃないか?そう思ったのがきっかけで、アニマルレイキを受講することに決めました。診察にも役立つ、と書いてあったのも、大木な動機になりました。受講してみて、レイキを発見したのは日本人であること、海外では代替医療として病院で行われている国もあること、などを知り、まず驚き・・・そしてさらに、自分や人の体に手を当てると、熱いと感じるところ、冷たいと感じるところがわかるようになったことが、驚きであり、感動でした。モデル犬の子に手を当てると、やはり、温かいとか、ひんやりするということを自分の手のひらで感じる驚きと、モデル犬がとっても気持ちよさそうにしていたことがとても嬉しかったことを今でも覚えています。(手のひらに感じる感覚はひとそれぞれです)そして、練習会などでは、参加者のみなさんにしばらく手を当ててもらうと、からだがぽかぽかしてきたり、肩こりが和らいだり、腰の痛みが軽減したり。とにかく「あ〜気持ちよかった!」と。ほとんどの方が、このような感想を言います。このような経験を通して、こんなに気持ちがいいんだから、ペットだって気持ちいいはず!ペットを飼っている人みんなが出来るようになったらいいのにな〜って思うようになりました。それに、わんちゃん・ねこちゃんに手を当てていると、彼らもとっても気持ちよさそうだし、そんな姿をみているとこちらもほわーんと幸せな気持ちになってくるのです。ふたり(?)して幸せな気持ちになれるのって、とってもステキなことじゃないですか?こういうほわーんとしているときは、こころもからだも緩んでいるとき。これ、とっても大事です!!からだを緩めないと、いつも緊張状態になっていて、病気になりやすい体へとなったしまいます。からだが緩むレイキを行うことで、自然治癒力もアップしていきます。イベントでは、わんちゃんへの温灸とヒーリングですが、レイキを体験したい飼い主様がいらっしゃったら、ぜひお声がけくださいね。事前予約ページからも一言お知らせくだされば、飼い主様のレイキヒーリングにも対応いたします!!なかなかレイキヒーリングを体験できる機会はないですので、ちょっとでも気になる方は是非!!

どうして手作りごはんを続けられるの?

こんばんは!今日は、手作りごはんが続けられる理由についてお話ししようと思います。そもそも、みなさんは「ドッグフード」や「キャットフード」というとっても便利で簡単なものがあるにもかかわらず、なぜ手間ヒマかけてごはんを作るろうと思うのでしょうか?♢ペットの調子が良くないから?♢ドッグフードの材料が気になるから?♢愛情をかけたいから?♢ドッグフードやキャットフードを食べてくれないから?♢自己満足のため??いろいろな理由があると思うのですが、病気のため、健康維持のため、だとしたら、特に続けることが大事になってきますよね。ご家族の食事を作っている方は、わんちゃん・ねこちゃんの食事作りも一緒にできるので続けやすいと思います。無理なく、楽しく続けるには、やっぱりコツがあるのです。それは何だと思いますか??・・・・・・・・・・・・それは・・・適度に「手を抜く」こと!え〜、そんなのわかってるよ〜!(-.-#)とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?でも、やっぱりこれに尽きると思います。始めからすべてを完璧にしようと頑張ると、すぐに息切れしてしまいます。わんちゃん・ねこちゃんが食べてくれないかもしれないし、栄養バランスが・・・とか、量はこのぐらいでいいのかしら?とか、不安や疑問もわいてくるでしょう。「作らなければならない」という気持ちが強いと、楽しく続けるのはむずかしいです。できなかった時、自分を責めてしまったり、罪悪感を感じたり…辛くなってしまうのです。私自身の食事だって、作るのがめんどくさいな〜って時は、外食したりカップラーメンやレトルト食品のお世話にもなることもありますよ。それと同じに考えると、気持ちがちょっと楽になりませんか?それから、疑問や不安が沸き起こったとき、相談できる人がいると、安心ですよね。また、ちょっと突っ込んで考えると、「作らなければならない」と考えるのは何か前提や思い込みがあってのこと。そう思う理由はなんですか?「○○ねばならない」という気持ちは、自分を苦しめるばかりでなく、せっかく始めた行動もストップさせてしまう可能性も・・・手作りごはんを続けていく自信がなくても、手作りごはんへの興味とペットへの愛情があれば大丈夫です。ペットのごはんを楽しく作ることを通じて、ペットも人も笑顔になって、今よりもっと絆を結ばれてほしい。それが私の願いであるので、困っている方をサポートさせていただきたいのです!!ですから、ちょっとでも興味があるかた、個別説明会でお話いろいろ聞かせてくださいね。