デンタルケアグッズ、どれを選んだらいいの??

今日はお口の状態にあったデンタルケアグッズ選びのヒントをお伝えしますね。


もうすでに、歯周病が進んでいる場合、

痛みがあったり、お口周りを触られること自体に慣れていないため、

歯磨きができないことが多いです。


その場合は、インターフェロン製剤や口腔内善玉菌製剤などの

利用がおすすめです。


また、飲み水に混ぜて使うデンタルリンスも、お口に触ることなく、

水を飲むたびに口腔内をきれいにすることができるのでおすすめですね。


シニアのわんちゃん・ねこちゃんは、

唾液の量が減って、ドライマウスになっていることがあります。

唾液が少ないと、歯垢が付着しやすくなり、歯周病が進みやすくなるため、

飲み水にまぜるデンタルリンスは、歯周病の予防や治療の補助としても

有効です。


次に、まだ歯周病がひどくない、または、予防の段階の

わんちゃん・ネコちゃん向けのグッズです。


はじめはフードやトリーツ、デンタルシートなどから始め、

徐々に歯磨きへと移行していくのがのぞましいですね。


その際には、歯周病に有効とされているデンタルペーストやジェル、

デンタルスプレーを一緒に使うとよいでしょう。


デンタルスプレーは、ドライマウス対策にも利用できますが、

市場に出回っているものの中には「アルコール」が含まれているものも

ありますので、注意が必要です!!


いろいろなグッズがありますが、

歯磨きが一番の予防であり、ケアになります。

予防できる頃から、ゆっくりと段階を追って、

歯磨きができるようになるといいですね。

あにまるすまいる 結(ゆい)

こんにちは。 獣医師の浴本涼子です。 ペットと飼い主さんの絆を結び、人も動物も健康で幸せになるよう、セッションやヒーリングを提供させていただいております。

0コメント

  • 1000 / 1000