お口の健康、気をつけてますか??

こんばんは!


こちら東京地方も、朝晩は冷えるようになりました。

木々の葉も、ほんのり色づき始めました。

寒いのは苦手ですが、紅葉を見るのは好きなので、

ちょっと楽しみです(^-^)


さて・・・

今日は、お口の健康のお話です。

・みなさんは、毎食後、歯磨きをしていますか?

・年に何回くらい、歯医者さんで検診や歯石取りとしていますか?

・みなさんのうちのこ:わんちゃん・ねこちゃんの歯磨きはしていますか?


今日のお話は、わんちゃん・ねこちゃんだけでなく、

私たち人間にも関係してくるお話です。


私たち、人間の歯のトラブルといえば、

虫歯

歯周病

噛み合わせ

が多いでしょうか?


では、動物ではどうでしょう?


わんちゃん・ねこちゃんに虫歯は少ないといわれています。


そのかわり、歯周病がとっても多いです。

3歳以上の75%以上、

7歳以上ではほぼ100%のわんちゃん・ネコちゃんが

歯周病にかかっている(@_@;)

というデータもあるぐらい、

動物たちの歯周病罹患率は高いのです。


その歯周病。

どんな病気かご存じですか?


テレビのCMなどでは、歯茎が痩せてきて、

歯がぐらぐらして抜ける、

ということを言っていると思います。

確かに、歯周病が進行すると、歯が抜けます。

時々、

「自然に抜けました」

とありますが、それ、自然じゃないですよ!


歯垢や歯石にたくさんいるばい菌の働きで、

歯を支える骨が溶けて歯が抜けているのです!!(×_×)


お口の小さいわんちゃんは、

下あごの骨が溶け、骨折するケースもあるくらい、

歯周病菌のパワーはすごいのですよ!!


そんな歯周病の治療・予防はどうしたらいいのか?


やはり、歯磨きと病院でのスケーリングをオススメします。


時々、骨や蹄などの硬いものが歯にいい、

と与えていらっしゃる方も見られますが、

硬いものでは歯石は取れないばかりか、

歯が欠ける原因になりますのでやめましょう。


すでに歯肉炎・歯周病を発症している場合は、

動物病院できれいにしてもらいましょう。


そして、ホームケアはやっぱり歯磨きが一番です。

まずはお口に触る練習からスタートし、

徐々にガーゼ→歯ブラシへと移行していくのがおすすめです。


個別セッションでは、薬膳のことだけでなく、

歯磨きについてもご相談いただけますσ(^^)



あにまるすまいる 結(ゆい)

こんにちは。 獣医師の浴本涼子です。 ペットと飼い主さんの絆を結び、人も動物も健康で幸せになるよう、セッションやヒーリングを提供させていただいております。

0コメント

  • 1000 / 1000